バイナリーオプションや中古ワンルームマンションで夢の収入UP


Finance

購入の知識

広義の意味ではどちらも不動産投資です

中古ワンルームマンションを購入する際は、借入をすることができるかどうか調べることが大切です。中古ワンルームマンションでの不動産投資の場合、購入する投資物件を担保として長期の借入をすることができます。借入をすることができればレバレッジを効かせることができ、その分、資産運用の効率が良くなります。一方、上場不動産投資信託の場合、このレバレッジを効かせるということができません。もちろん、フリーローンを組めばお金を借りて運用をすることができますが、金利が高いため再三に合わないことの方が多いです。

上場不動産投資信託は買いやすい

しかし、長期の借入の担保にできなくても、上場不動産投資信託には他の点で中古ワンルームマンションでの不動産投資よりも優れている点がいくつもあります。例えば、流動性が高いということです。上場不動産投資信託は株式と同じように株式市場で売買することができます。そのため、売り注文を出したり買い注文を出したりするだけで売買が成立し、書類のやり取りや登記などは必要ありません。また、少額から投資をすることができるという点も大きな魅力の1つです。中古ワンルームマンションで不動産投資をするとなると頭金だけでも100万円を超える額が必要になることが多いですが、上場不動産投資信託の場合には数万円から数十万円程度で購入することができます。